攻略

黒い砂漠モバイルの攻略で知っておきたい釣り場

黒い砂漠モバイル攻略 釣り場

黒い砂漠モバイルの攻略で知っておきたい釣り場について解説します。

黒い砂漠モバイルの釣り場ではシルバーを稼ぐことができます。

実際の魚釣りと同じように釣り竿で魚釣りをしますが、手動釣り以外に放置で魚を釣る自動釣りも可能となっていますので、是非、マスターして下さいね。

黒い砂漠モバイルの釣り場の所在地

黒い砂漠モバイルの釣り場はどこにあるのでしょうか。

まずはマップ左下のアイコンを確認してください。

青色のアイコンが表示されていたら「この街には魚釣りができるポイントがありますよ」ということなので、釣りがしたい場合はまずはこのアイコンを確認しましょう。

採取や採鉱ができる場所は、近づくとアイコンが表示され、タップをすることで採取や採鉱が可能となりますが、釣りの場合はアイコンが表示されていません。

釣りポイントでアイコンを表示させるには、しばらくの待機が必要です。

一定時間が経過すると釣りアイコンが表示され、タップをすれば釣りが始まります。

釣り竿は自動で用意されているので、事前に準備しておく必要はありません。

また釣りは行動力を消費しないので、採取などで行動力を使い果たした後に、魚を釣りながら行動力を回復させるのもおすすめです。

魚の納品でシルバーを稼ぐ

釣った魚には、納品してシルバーを手に入れるか、領地の食料として蓄えるか、2つの利用法があります。

街にある魚商店にリストの魚を全部納品すると約40000シルバーもの収入になります。

納品できる魚のリストはどこでも同じなので、好きな街で納品しましょう。

釣り放置とは?

釣りを開始した状態で闇の精霊モードを立ち上げれば、自動で釣りをすることも可能です。

放置しながら釣りをすることで、ゲームをしていない時間でも魚を集めることができます。

釣り放置のやり方はとても簡単で、釣りを開始して魚がかかってもそのまま放置します。

すると自動で魚を釣り上げてくれます。

その後も放置し続けると、自動で魚釣りを再開します。

この時注意をするのが、バッグの空き容量です。

放置している間に、空き容量が埋まって魚釣りができなくならないように、あらかじめバッグに空きを作ってから釣り放置をしましょう。

重量をあらかじめ増やしておくと、効率よく釣り放置ができるようになるのでおすすめです。

いかがだったでしょうか。

今回は「黒い砂漠モバイル」の釣りについてご紹介しました。

釣りは行動力やアイテムを消費することなく行えるので、シルバー稼ぎにはおすすめです。

経験値も獲得できますし、ゲームをしていない時間には釣り放置をするようにしましょう。